ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

まだ上げられる!コンバージョン率を最大化させるWebツール

まだ上げられる!コンバージョン率を最大化させるWebツール

コンバージョンの発生するポイントを考える

Webサイトからの売上を上げるために、手探りでコンバージョン率を上げようとしていませんか?
A/BテストなどのPDCAで検証して改善を繰り返す方法も間違いではありませんが、テストや検証するためにはそれなりに時間がかかり、施策によっては逆効果となってしまうことも考えられます。

まず、コンバージョンするユーザーは何らかのキーワードでの検索や広告などをクリックして訪問します。
この集客経路の傾向とコンバージョンの関係性を考えてみましょう。

どこから来たユーザーがコンバージョンしやすいのか?
ここを見つけてトラフィックを集中させるなどの改善ができれば、コンバージョンを大きく向上させることができます。

では、広告効果測定ツール「アドゴクウ」を使って売れやすい集客経路を見てみましょう。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

広告効果を測定する

ここで言うコンバージョンの多い集客経路とは、効果の高い広告という意味で、もちろんSEO対策した自然検索による訪問なども考えられます。

広告効果測定の結果画面

この計測結果からわかるように、コンバージョンの貢献度として1番目と3番目の広告からの訪問が効果ありCVRも高く、2番目のGoogle自然検索からの訪問が効果はあったもののCVRが低いということがはっきりと確認できます。

これを元に配信する広告のコストバランスやサイト内導線など、集客の改善を行います。

アドゴクウとは?

アドゴクウとは、コンバージョンとしてカウントしたいページ(購入した際の確認ページなど)に専用タグを埋め込み、Web上で広告を登録して管理するだけで広告効果の推移を確認することができるコンバージョンアップのための広告効果測定ツールです。
また、別のタグを埋め込むことで検索からのコンバージョンも測定することができます。

このアドゴクウがあればサイトの強みを(コンバージョンしやすい経路)発見し、費用対効果の最適化と並行してコンバージョンを上げるということが可能となります。
これは、SEO対策を行っている方もぜひ改善したいところではないでしょうか?

そもそも、サイトからの売上を改善するためには…

  • 新規購入
  • 再購入
  • 複数購入
  • 単価向上

など、売上を上げる方法は色々と考えられますが、この効果測定による売上改善はその中でも効果の大きい方法で、購入に関する数字を根本的に改善することができます。
このように、コンバージョンを上げるには、なるべく効果の大きな方法で考えましょう。

さまざまな広告をまとめて効果測定

この広告効果測定を行うポイントとしては、さまざまな広告をまとめて管理するということです。

例えば、広告を複数出稿していてその効果を見る場合、それぞれの管理画面で確認しなければいけません。
しかも、これでは異なる広告を比較することは難しく、直感的に広告効果を見ることはできないため、広告効果はアドゴクウのようなツールで管理して同じ指標で比較する、ということが重要となります。

具体的に言うと、いくつも考えられる集客方法…

  • リスティング
  • 純広告
  • 自然検索
  • メルマガ

これらをひとつのツールで管理してコンバージョンにどれほど貢献しているのかを比較するということです。

成果を上げる効果検証

Webマーケティングで成果を上げるには効果測定が必要不可欠です。
アナリティクスだけでサイトを検証しても広告の効果測定はできません。
コンバージョンを最大化したいなら、広告効果測定ツール「アドゴクウ」で広告を管理し、効果を比較して売れる集客経路を見つけましょう。

アドゴクウでは、こちらから無料デモアカウントをご利用いただけます。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)