ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

パレートの法則から考えるWebマーケティング

パレートの法則から考えるWebマーケティング
パレートの法則というのをご存知でしょうか?
8:2の法則や、80:20の法則とも呼ばれ、売上の8割は2割の商品から発生している、といった考え方で全体に大きく影響を及ぼしているのは2割の要因だという法則です。

パレートの法則とは

単純に全体が8:2で分かれるのではありません。
ちなみに、売上の残り2割を占める8割の商品はSEOやWebマーケティングでいうロングテールにあたります。

今回はWebマーケティングを行う際、どこに時間を割くべきなのかをこのパレートの法則から考えてみたいと思います。

費用対効果から有効な対策を考える

何を対策すると効果が高いのかを見極めるために、この法則に当てはめて分析してみると効果の大きな対策を集中して行うことができます。

例えば10/100の売上を上げるために50%の時間を割くのと、80/100の売上を上げるために20%を割くのとでは費用対効果が全く違ってきます。

Webマーケティングで考えられるもの全て対策していては時間が足りなくなってしまうため、このような考え方を元に何が重要なのか見極めて対策を行いましょう。

8割の売上を占める2割の要因に集中する

では、このパレートの法則を応用すると、売上が少ないページを対策するのではなく、売上の8割を上げている2割の商品に対して集中して対策を行うことが大切だということがわかります。

つまり、見られていないページが問題だからといって対策に時間をかけるのではなく、8割の売上を上げているページを見つけてそこにコスト(時間)を集中させるということです。

残り8割の商品は無駄かどうか

では、売れる商品だけ置いておけば良いかというと、そういうわけではありません。全体の売上の8割を占める2割の商品は色々な影響からそのような結果(バラつき)となるため、売上に貢献していないと思われる8割の商品も非常に重要です。

もし、売れる商品だけにしても、その中で8:2でバランスが保たれるはずです。
ですから、全体の売上の8割が4割の商品から成り立っていたとしたら、まだ改善の余地が考えられるかもしれません。売れ筋を明確にしたサイトを心がけましょう。

パレートの法則から考える集客とCVRまとめ

以上のことからWebマーケティングを行う際、集客するならトラフィック全体の8割を占める上位2割のページに作業を集中したり、CVに関してもコンバージョンが多いページの上位2割のページを特定して対策することがコンバージョンを上げるには最短であり、少ない時間で大きな効果を出すことが可能となります。

さらに、コンバージョンの数を管理して、どの広告が全体のコンバージョンの8割を占めるのか調べて、影響の大きな広告にコストを集中させるだけで簡単にコンバージョンを増やすことも可能です。

ぜひ、Webマーケティングの参考にしてみてください。

PR【広告効果測定】コンバージョン数を「1.5倍」にした広告手法の当社事例

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)