ADGoCoo

「Webマーケティング」カテゴリの記事一覧

CVに直結するセグメントへ訴求するために行う広告効果測定

CVに直結するセグメントへ訴求するために行う広告効果測定
Webマーケティングにおいて、どういったセグメントをターゲットとして集客するのかは、非常に重要です。なぜなら、セグメントよっては購買意欲の高いユーザーが見込めるためです。
そして、リスティング広告の場合、出稿するキーワード(ユーザーにとっては、訪問のきっかけとなる検索キーワード)によってセグメントが異なります。

ということは、キーワードを選び、日々その効果を追うことによって、広告の最適化はもちろん、CVRの改善にも繋がることになります。
それでは、今回は集客したユーザーの中からCVが期待出来るユーザー像をペルソナで仮説立てて考えてみましょう。

この記事の続きを読む…

Webマーケティングにおける集客方法3つの考え方について

Webマーケティングにおける集客方法3つの考え方について
以前、Webマーケティングの基本についてご説明しましたが、今回はその中の一つ、集客(プレアクセス)に関してもう少し詳しくご説明したいと思います。

集客はWebマーケティングにおいて最も重要と言えます。他にもコンテンツの内容から、内部の誘導など重要な要素は多々ありますが、まずはサイトへの集客について考えてみましょう。

Webマーケティング 3種類の集客方法

Webマーケティングで集客する場合、施策は色々と考えられますが、カテゴリとしてみると大きく分けて3つに分類されます。

  • リスティング・バナーなどの広告
  • SEO
  • SNS(シェア含む)

集客方法を無闇に考えるより、これだけでも集客方法が考えやすくなるのではないでしょうか。
この3種類の集客方法の中でサイトに合ったものを選んで施策を考えてみましょう。

この記事の続きを読む…

リスティングで「売れるバナー」の条件は?/オンライン広告効果測定の最前線

Yahoo!リスティングやAdWords、YDN、GDN、MicroAd…。開設したばかりのビジネスサイトから大手サイトまで、Web広告をいくつか出して集客のベースにするのが、今では常識になりました。しかし、よくあるのがこんな悩みです。

1.媒体や広告がいろいろで、効果分析が手間

2.バナーのCV数はわかっても、それ以外の広告効果がよくわからない

本記事では、こんな悩みを解消し、無駄な広告費を減らす費用を売れる広告だけに使うための「広告効果測定ツール」の最前線をご紹介します。

20150805ec

この記事の続きを読む…

Webサイトの改善と広告効果測定について

Webサイトの改善と広告効果測定について
Webサイトの改善といっても、その目的・内容によって修正点は、さまざまです。
その中でも、広告の効果測定を元にサイトを改善することは、集客や購入・申込などに直結するため、非常に重要です。
今回は、広告(バナー)の効果測定をサイト改善に役立てる考え方について説明したいと思います。
この記事の続きを読む…

Googleアナリティクスから読み取るユーザー経路

Googleアナリティクスから読み取るユーザー経路
アナリティクスを確認する時、サイトのトラフィックを計るだけで終わらせていませんか?
サイトに訪れるユーザーはどこから来たのか?何というキーワードで流入したのか?
そして、そのユーザーがどのようなページにどれくらい滞在して、どのページから離脱したのか?

そのようなユーザーの行動の内訳と推移を計測して、

  • サイトの集客を強化するべきか?
  • サイト内の最適化や導線の再考を優先するべきか?
  • リピーターへメルマガなどで再訪問を促すのか?

など、SEO対策から1歩進んだWebマーケティングを考えることも重要です。

今回は、アナリティクスでサイトを検証する際によく見かける、「not provided」について説明したいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)