ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

リスティングの効果を上げる!マッチタイプの絞り込み部分一致とは?

リスティングの効果を上げる!絞り込み部分一致とは?
リスティング広告を出稿する場合、サイトやページに関係する数多くのキーワードを設定して、幅広く露出して宣伝します。しかし、運用していて気付くのが、実際には関係の無い検索ワードで広告が表示されてしまい、クリックされているということです。

この関係の無い(コンバージョンに結びつきそうもない)キーワードは、日々確認して「除外キーワード」として、登録するべきです。
そうしなければ、様々なキーワードに広告が表示され、無駄なコストかかってしまいます。

キーワードに対しての管理は、この除外キーワードを利用しても良いですが、もっと有効なキーワードの設定でCPAを下げ無駄クリックも減らすことができます。
今回はその「絞り込み部分一致」をご紹介したいと思います。

デフォルトでは3パターンから選ぶキーワードのマッチタイプ

まず、出稿する際にキーワードのマッチタイプを選択します。
このマッチタイプは通常、以下の3パターンから選びます。

部分一致

キーワードのゆれや、関連ワードも含めるため、幅広い宣伝方法のため、気付かなかった重要キーワードを見つけることもできますが、意図しないキーワードでも広告が表示されてしまう可能性があるので、日々、検索クエリを確認する必要があります。
マッチタイプ:部分一致

フレーズ一致

設定したキーワードを語順通り含んだ場合や、前後に関連ワードが付いても広告が表示されます。
関連ワードなどを広くカバーする部分一致よりも、ゆれを含む語順通りに限り広告が表示されるため、比較的ピンポイントにターゲティングすることができる一方、拡張性は低いマッチタイプです。
マッチタイプ:フレーズ一致

完全一致

語順やスペースも含め完全に一致した時にだけ表示されます。
特に成果の見られるキーワードなど集中してコストをかけたい場合などにしようしましょう。
※スペースの有無については、設定したキーワードによって変わります。

実際の検索ワード(クエリ)から考えるマッチタイプ

広告を出稿後、まずは部分一致で実際の検索ワードを収集して、その後、除外キーワードを追加しますが、設定するキーワードの先頭に「+」を追加することによる「絞り込み部分一致」にすると、そのキーワード(ゆれ含む)を含む場合(語順は問いません)にだけ広告を表示させることができます。

便利な絞り込み部分一致

この「絞り込み部分一致」は、部分一致によく見られる無駄クリックを抑え、フレーズ一致の語順が違う場合も含むため、より柔軟にした非常に最適化されたマッチタイプと言えます。
住所を指定したいキーワードの場合なども有効です。
管理画面から選択することができないため、実は知らない方も多いマッチタイプです。

絞り込み部分一致の判定

非常に便利なこのマッチタイプですが、部分一致によって拾えるキーワードには、広告主の想像していなかった重要なキーワードがあり、それを「絞り込み部分一致」にすることによって取りこぼす可能性があるかもしれない。というデメリットもあります。

マッチタイプ「絞り込み部分一致」についてまとめ

以上のことから、「絞り込み部分一致」と「部分一致」は併用して使うことをおすすめします。
絞り込み部分一致の方を高めに入札しておくことによって、関連ワードは少ないCPCで済み、重要なキーワードは絞り込み部分一致によって、高めの入札で確実に集客することが可能となります。

これによって、ターゲットを絞ることができ、結果CPCを下げながらCVRを上げることにも繋がります。
ぜひ、リスティング最適化の参考にしてみてください。

ADGoCoo(アドゴクウ)では、リスティングを含む様々な広告の効果測定がまとめて確認することができます。
広告効果測定ツール ADGoCoo(アドゴクウ)

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)