ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

サイトからのコンバージョンを上げる方法を知っていますか?

サイトからのコンバージョンを上げる方法を知っていますか?

もし、あなたがWeb担当者で、コンバージョンを上げたいとしたら何をしますか?

恐らく多くの方が、広告を出すなど集客を増やそうと考えるのではないでしょうか?
しかし、それだけではコンバージョン自体の数は増えても、コンバージョン率には変化が見られないかもしれません。
もしかすると、集客ターゲットを広げることでコンバージョン率は落ちてしまったり、顧客獲得単価が上がって無駄に広告費が増えてしまうことも考えられます。

このように、広告で集客を増やしても効率よくコンバージョンが上がらない理由は、出稿した広告の効果を正しく分析できていないことが挙げられます。
広告の効果測定はアナリティクスを見ても難しく、なかなか評価しにくいものです。

ということで今回は、コンバージョンを増やすための集客に対し、何を分析するべきなのか?何をすることで効率よくコンバージョンを増やせるのかをご説明したいと思います。

【1週間無料で使える】コンバージョンを上げるツール

意外とわかりにくい広告効果

例えば、リスティング広告を出している場合、管理画面を見ても掲載順位や品質スコアなど、いかに広告を的確に表示するか?といった指標が多く、コンバージョンに貢献した広告を評価するための指標となるものはクリック数とコンバージョン数くらいしかありません。

もし、コンバージョンしたユーザーが複数訪問していたとしても、最初の訪問となった広告や再訪問した広告は管理画面では確認できません。
その他にも、クリックはあったもののその場では離脱して後日、別の方法で訪問した際にコンバージョンが発生した、という場合も管理画面ではわかりません。

これを、アナリティクスで見ると広告がひとまとまりにされてしまい、どの広告が効果あったのかがわかりません。広告をひとつだけ出しているならわかりますが、多くの場合は複数の広告を出稿されているかと思いますので、個別の広告効果を調べるためには別の方法が必要となります。

わかりにくいアナリティクスの広告効果

このように、リスティングなどの管理画面では、どの広告をクリックしてどれだけコンバージョンしたか?しかわからないため、これだけでは広告を評価することはできません。

広告の効果をを正しく測定する方法

わかりやすい広告効果測定はアナリティクスではできないため、「アドゴクウ」というツールを使います。
このツールを利用して効果測定することによって、コンバージョンした広告はもちろん、初回クリックや再訪問した広告などが簡単にわかってしまいます。

コンバージョンまでの行動がわかる

コンバージョンしたユーザーがどのような経路を辿るのかを調べることによって、コンバージョンするためにユーザーが何を知りたがっているのか?などがわかるようになります。
これは、アナリティクスを見てもわかりません。

アドゴクウの使い方

使い方は簡単で、コンバージョン計測したいページに専用タグを設置し、アドゴクウの管理画面から広告を登録するだけで日々、広告のクリック数やコンバージョン数などを計測し、どこからの集客が効果あるのか?ユーザーがコンバージョンに至るまでにはどのような経路を辿る傾向なのか?などがわかります。

後は、これを元に広告費の調整やサイト内の導線を改修します。
そしてアドゴクウでコンバージョンの推移を見るだけです。

広告の効果測定などの分析は意外と時間がかかります。
しかし、アドゴクウを使えば自動でコンバージョンしやすい経路が蓄積されていきます。

ぜひ、アドゴクウでコンバージョンを上げる集客経路を見つけてください。

1週間無料で使えます
広告効果測定ツール アドゴクウ

コンバージョンを上げる最短の方法

広告効果は、商品を知るきっかけとなった広告なのか?コンバージョンまでに再訪問させた広告なのか?などを把握することでコンバージョンしやすいユーザーの行動が見えてきます。
そうして、広告の最適化を行うことで無駄なくコンバージョンが上がるということです。

広告の効果測定を行うことがコンバージョンを上げる最短の方法となります。

今ある広告を効果測定して正しく評価することで効率よくコンバージョンを上げましょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)