ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

ディスプレイ広告とは?ターゲティング方法の種類と活用法

ディスプレイ広告とは?ターゲティング方法の種類と活用法
ディスプレイ広告とは、検索結果に表示されるリスティング広告とは違い、サイト閲覧時にテキストや画像で表示される広告です。

閲覧中のページ内に関連する広告が表示されるため、クリックやコンバージョンに繋がりにくいと言えますが、リスティングでは接触できない潜在層に配信することができる広告でリスティングと同時に配信している広告主も多いかと思われます。

表示される場所はGDNだとYouTubeやアメブロ、YDNはYahooニュースやYahooメールなどそれぞれ提携されている場所に表示されます。
配信される場所がそれぞれ異なるため、ユーザー層にも違いがあり、効果も比べてみる必要があります。

ディスプレイ広告の特徴

検索以外のユーザーに配信するディスプレイ広告の大きな特徴として、柔軟なターゲティングが挙げられます。これによって、より効果を見込めるユーザーに広告を配信することが可能となります。

集客したい目的からターゲティングを設定しましょう。
では、それぞれの主なターゲティングの項目を挙げてみます。

Google(GDN)

  • リマーケティング(再訪問)
  • ディスプレイネットワークのキーワード(特定のキーワードで検索したユーザー)
  • プレースメント(配信サイトの指定)
  • トピック(特定のトピックに関連するページに配信)
  • サイトカテゴリオプション(広告を配信するカテゴリーなどを除外)
  • ユーザー属性

Yahoo(YDN)

  • サーチターゲティング(特定のキーワードで検索したユーザー)
  • インタレストカテゴリー(特定のカテゴリーに興味があるユーザー)
  • サイトリターゲティング(再訪問)
  • サイトカテゴリー(特定のカテゴリーを閲覧しているユーザー)
  • プレイスメントターゲティング(配信サイトの指定)
  • ユーザー属性

さらに、ディスプレイ広告のターゲティングは組み合わせることも可能です。
例えばサイトに訪れたことがあり、さらに特定のキーワードで検索したことがあるユーザーに時間指定で広告を配信する…といった絞り込みも可能です。

広告の改善について

広告を出稿した後はユーザーの反応を確認するなどしてその広告効果を検証して改善していくことが重要です。出稿した広告にこちらが意図したターゲティングで集客できているのか、どういった広告が効果があったのかなどを検証して改善を行いましょう。

日々の広告効果を検証するには広告効果測定ツールが便利です。
アドゴクウでは、リスティング広告やディスプレイ広告はもちろん、純広告などのほぼ全ての広告を一括で管理して効果をひと目で確認することができる便利なツールです。
コンバージョンの数を上げることを最終目的としてお使いください。

PR【広告効果測定】コンバージョン数を「1.5倍」にした広告手法の当社事例

ディスプレイ広告についてまとめ

リスティング広告と比べ、ディスプレイ広告は潜在層に向けて広く配信するすることから、コンバージョン率が低い広告と言われます。
しかし、リスティングでは使えない画像での訴求や、ペルソナを想定してターゲットを絞り込むことで、高い効果も充分期待できます。重要なのは広告の効果を検証して改善を繰り返すことです。

ターゲットを細分化して単価を重要度に応じて振り分けるなど、広告の配信設定は色々と考えられます。広告効果からコストを最適化して管理しましょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)