ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

CPAを理解して広告の効果測定を行い、費用対効果を確認しよう

CPAを理解して広告の効果測定を行い、費用対効果を確認しよう
広告を出稿する時などによく聞くCPA(Cost Per Action)とは、1件のCVを獲得するためにかかったコストのことで、顧客獲得単価とも呼ばれます。
CPAを出す計算式は以下となります。

CPA=総コスト÷CV数

例えば広告費10万円をかけて、100件のCVを獲得した場合、CPAは1,000円となります。
リスティングなど広告を出稿する場合、このCPAに対して目標を設定することが管理する上での指標となり、非常に重要です。

CPAを知るメリットは、広告に対する費用対効果を確認することができ、CPAと扱う商品単価のバランスを考慮して広告やサイトの改善に役立つ点です。
そして、このCPAが低いほど、効果が高い広告ということになります。

では、実際にCPAの目標を設定する場合の算出方法をご説明したいと思います。

顧客獲得単価と目標となるCV件数を決める

まずは、1件のCVにかけられるコスト「顧客獲得単価」を考えてみましょう。
例えば、CV1件1万円の売上のうち、確保しておきたい金額内訳が以下の場合…

  • 原価2,000円
  • 利益3,000円
  • 人件費2,000円

残りの3,000円がかけられるコスト(CPA)となります。

次に、目標とするCV件数を決めましょう。これによって、総コストが算出されます。
ここでは、100件のCVを目標としてみます。

CPA3,000円、目標CV数100件の場合

CPA3,000円(獲得単価)=総コスト?円÷CV数100件

この式から総コストを算出してみます。
すると、下記のように100件のCVにかかる総コストは30万円となります。

総コスト300,000円=CPA3,000円(獲得単価)×CV数100件
※リスティングの場合、CVをCVRに変えて計算するとクリック単価が出ます。

そして、この目標が達成できた場合、

  • 売上1000,000円
  • 総コスト300,000円
  • 原価・人件費400,000円
  • 利益300,000円

となります。
このように、CPAの目標を設定することは非常に重要だとおわかりいただけると思います。
リスティングの場合は、キーワード毎のCPAを確認して、CVなし・CPAを上回っているようなものを除外して最適化していきます。

CPAの目標設定についてまとめ

決められた予算をそのまま出稿するだけでは、CV1件に対して広告費がいくらかかっているのか不明となることから、出稿する広告の最適化も手探りとなってしまいます。

広告効果測定ツールADGoCoo(アドゴクウ)では、このCPAを日々簡単に確認することができ、目標としていたCPAより高くなっている場合もすぐに確認して、広告の修正やCPAの目標を改めて立て直し、損失を未然に防ぐ、といったことにも役立ちます。

ぜひ、広告を出稿する際はCPAを意識して管理しましょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)