ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

コンバージョン率を簡単に上げるために必要なデータ分析とは?

コンバージョン率を簡単に上げるために必要なデータ分析とは?

サイトからのコンバージョン率を上げるには色々な方法が考えられます。
その中で、バナーの色を変えてみるなどの細かい修正よりもコンバージョンしやすい集客経路を見つけて、そこからの集客を増やすという方法が最もコンバージョン改善に期待できます。

しかし、意外にも広告を出した後の効果測定をしていないケースが多く、どこからの集客がコンバージョンしやすいのかなどユーザー行動の傾向を見ていない方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回はコンバージョン率の高い集客経路を見つけ、根本的にコンバージョン率を改善するためのデータ分析をご紹介したいと思います。

【1週間無料で使える】コンバージョンを上げるための必須ツール

コンバージョン率の高い集客を見つける

では、コンバージョン率の高い集客がどこなのか分析してみたいと思います。
アナリティクスでこれを調べる場合、集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアを見ると、集客毎のコンバージョン率を見ることができます。

しかし、広告がまとめられているため個別の広告効果を知るにはセカンダリディメンションからキャンペーンを選択して確認する必要があります。
※urlを生成してパラメーターを付けた場合のみ

これで広告同士を比較できますが、ここに表示されているのはコンバージョンに直接繋がった集客だけです。ここが重要です!

アナリティクスではコンバージョンに至った最後の集客しかわからない

コンバージョンに至るまでにユーザーは何度もサイトに訪問します。
この最初のきっかけとなった広告や、再訪問させた広告を把握しなければ正しい広告効果や集客経路を判断することはできません。

評価するべき広告効果

ユーザー行動の詳細はアナリティクスではわからない

アナリティクスでは色々な項目を見ることができますが、コンバージョンまでに訪問した細かいユーザー行動が見えません。
このことが広告効果を分析できない理由となってしまっているようです。

コンバージョンに至ったユーザーが何をきっかけで最初にサイトを訪れたのか?どの集客経路から再訪問したのか?といったユーザー行動の詳細がコンバージョンを上げるために必要な分析データと言えます。

ツールを使った広告効果測定

そこで、広告は全て広告効果測定ツール「アドゴクウ」を使って管理することをおすすめします。
このツールでは、

  • 各広告のクリック数
  • 各広告からのコンバージョン数
  • コンバージョンするまでの訪問回数
  • コンバージョンするまでのユーザー経路
など、コンバージョン率を上げるために必要なデータが全てわかってしまいます!

自然検索やメルマガ、SNSなどサイトの集客を全て効果測定することができるアドゴクウでは、日々その推移をひと目で確認できるのでコンバージョン率の高いユーザー経路を簡単に分析することができます。

【1週間無料で使える】コンバージョンを上げるための必須ツール

コンバージョン率を上げるデータ分析まとめ

サイトの分析には時間がかかったり、今回のように調べることができないデータもありますが、アドゴクウならコンバージョンを上げるために必要なデータを自動で蓄積するため、分析結果の画面を見るだけで改善の意思決定ができます。
広告などの集客を正しく評価するためにも広告効果測定ツールを使った分析が必要です。

そして、アドゴクウを導入した後は、コンバージョン率が高い集客を増やし、効果のない広告コストを削減するだけで費用対効果とコンバージョン率は改善していきます。

コンバージョン率を上げるためには集客の全てを同じ指標で比較して効果を確認することと、コンバージョンまでのユーザー経路を確認するというデータ分析が必要ということです。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)