ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

初心者でも簡単!アナリティクスとアドワーズのリンク設定

初心者でも簡単!アナリティクスとアドワーズのリンク設定
アドワーズで広告を出稿している場合、アナリティクスと連携することで、アドワーズ経由からのユーザーがサイト内でどのような行動をとったのか?などがわかり、そこから改善に繋げることができます。

これは簡単な設定を一度しておくだけで計測できるようになるので、初心者の方でもぜひ、やっておきたいところです。

また、Yahoo!プロモーション広告を出稿されている場合は、Yahooと連携するのではなく、出稿する広告のURLにパラメーターを入れる必要があります。
こちらも一度覚えてしまえば簡単なので、ぜひ設定して改善に役立てましょう。

では、今回は広告をアナリティクスと連携させる方法についてご説明したいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

アドワーズとアナリティクスをリンクさせる

では、まずアナリティクスの管理画面で、集客>AdWordsのどれか項目を開きます。まだ連携していない状態だと下記のような画面になるので、「設定」をクリックします。

アドワーズとのリンク設定

そして、次の画面でリンクさせたいアドワーズのアカウントを選択し、「続行」をクリック、リンクさせたいビューを選択して終了です。

アドワーズとのリンク設定:ビューの選択

また、アナリティクスとアドワーズのアカウントが別の場合でもリンクさせることは可能なので、リンクさせたいアドワーズのアカウントを選択してください。
※アカウントが別の場合はアナリティクス設定からユーザーを追加する必要があります。

アドワーズの管理画面にもリンクされていることが確認できます。

アドワーズからのリンク確認

これで、アドワーズ経由のトラフィックを別で計測され、集客>AdWordsからユーザーの行動を調べることができるようになります。

アナリティクスでのアドワーズ経由の計測

アナリティクスとアドワーズの連携を解除する方法

アナリティクスとアドワーズのリンク設定を解除する場合は、アナリティクス設定>プロパティのAdWordsのリンク設定を開き、連携を解除したいリンクをクリックして「リンクグループを削除」を押すことでリンクを解除することができます。

Yahoo!プロモーション広告経由のトラフィックを計測する方法

では、次にYahooの広告から来たトラフィックを計測する方法をご紹介します。
この場合、何も設定していないと広告経由のトラフィックも自然検索に計上されてしまい、広告経由のユーザー行動を調べることができなくなってしまいます。

これを計測するためには、アナリティクス用のパラメーターを広告に付与して出稿する必要があります。

以下のパラメーターを出稿するURLの最後に追加することで、アナリティクスの参照元/メディア一覧にyahoo / cpcと、自然検索とは別で計測されます。

?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

その他にも、色々な項目を指定してアナリティクスに反映させることができます。
参考:URL 生成ツール

アナリティクスとアドワーズのリンク設定まとめ

ツールのリンク設定やパラメーターなどは、はじめての方にとっては複雑に見えるかもしれませんが、実際やってみるとそこまで難しい設定ではありません。

リンクさせるだけでも、下記のようなメリットが得られます。

  • アナリティクスの AdWordsレポートで広告やサイトの掲載結果を確認できます。
  • アナリティクスの目標や e コマース トランザクションを AdWords アカウントに直接インポートできます。
  • アナリティクスの有用な指標(直帰率、平均セッション時間、ページ/セッションなど)を AdWords アカウントにインポートできます。
  • 高度なリマーケティングの機能を利用できます。
  • アナリティクスのマルチチャネル レポートに表示されるデータが増えます。
  • アナリティクス データを使用すると、AdWords の利便性が高まります。

参考:アナリティクスと AdWords をリンク(リンクを解除)する

アナリティクスの計測はさかのぼってはくれませんので、今回ご説明したような設定は、はじめにやっておくことをおすすめします。

ぜひ、広告からのユーザー行動を調べてサイト改善の参考にしましょう。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)