ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

広告効果測定をKPI設定に活用する方法

広告効果測定をKPI設定に活用する方法

広告効果測定によってコンバージョンを増やす方法は以前にもご説明した通りですが、広告効果測定からは他にも、コンバージョンが増えた要因を考ることもできます。

例えば、広告効果測定の結果を元に、広告コストを調整してコンバージョンの数が増えた場合、アナリティクスでコスト調整前と比較して何が変化したのか?そして、それがわかれば、さらなる改善も期待できます。

ということで、今回は広告の効果測定を参考にKPIを設定する方法を考えてみたいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

KPI設定を広告効果測定から考える

先ほどの場合、コンバージョンが増加した前後で、あるページのPVが増えていたとしたら、このページを売れやすいユーザー経路としてKPI設定し、導線を改善することによって、広告改善以外でもコンバージョンを増やすことに役立ちますよね?

広告のランディングページはトップページだけとは限りません。
ぜひ、色々な広告で効果測定してください。そして、効果の高い広告にコストを集中させた場合、そのページのPVが増えるのは当然です。これをサイト内の導線改修などでさらにトラフィックが集まるようにします。

通常、このような改善は仮説を元に案を出し、実装して検証を繰り返すため時間も多少かかってしまいます。
しかし、広告効果測定ツールを使って売れるユーザー経路などの、KPIとする指標を見つけることで短時間で、しかも効果的なサイト改善を行うことができます。

アナリティクスではわからないユーザー行動

さらに、コンバージョンしたユーザー行動はアナリティクスでは簡易的にしか確認できない所ですが、広告効果測定ツール「アドゴクウ」を使えば、経由した広告などコンバージョンまでの接触をひと目で確認することができます。

コンバージョンまでの接触が確認できる

このコンバージョンしやすいユーザー行動を知ることで、例えば単純にコンバージョンする前に必ず見ているページなど、経由しているページやクリックしているバナーなどをKPIとして設定し、施策を考えることができます。

もちろん、それを元に広告コストの調整も行いますが、コンバージョンしやすいページのPVや広告クリック数をKPIとして、最適化することで、仮説よりも確証の高い施策を行うことができ、短期間でコンバージョンを増やすことが期待できます。

複雑なユーザー行動は効果測定ツールが必須

最後に、スマホなどの閲覧デバイスが増えたことによってコンバージョンまでのユーザー行動は以前よりも複雑化しています。これにより、これからのWeb担当者の方は今まで以上に施策ごとの難しい効果検証が求められます。

しかし、広告効果測定ツール「アドゴクウ」で効果測定することで、細かいレポートを出すよりも、効果がひと目で検証できるため、PDCAなどの検証を行う場合に非常におすすめです。

検証→改善を正しく早く回すということは、売上がどんどん上がるようなものです。
長期間かけてコンバージョンを増やすより、短期で増やした方が効果も日々のノイズや他の要因ではないため、信頼性が増します。
サイトのコンバージョンを最大化するには必ず効果測定を行い、効果の高い対策をすることが大切です。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)