ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

広告効果測定とは?管理画面の重要指標と改善方法について

広告効果測定とは?管理画面の重要指標と改善方法について
広告(リスティング)を出稿して集客していく上で重要な点はというと、アドワーズやスポンサードサーチなどの広告効果を測定し、数ある広告の中でコンバージョンに貢献しているのはどれなのか?そしてその計測結果を元に予算配分や広告文を改善することによって、広告費を抑えながら売上を上げていくということです。

そもそも広告の効果測定は、コンバージョンに効果があるかどうかを測定することが目的なので、CV数だけを見て広告効果を判断することもひとつです。しかし、間接効果という直接ではなくCVにアシストした広告も効果が無いとは言い切れません。

今回は、この広告効果測定をどのようにして行っていけば良いのか、コツと改善方法をご紹介したいと思います。ぜひ、広告効果測定の参考にしてみてください。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

何を指標として広告効果を測定するのか?

広告を出稿すると、管理画面にはさまざまな数字が測定されます。
この計測される項目というのは非常に多く、何を見て改善して良いのかわからなくなってしまいます。

アドワーズのコンバージョンに関する項目だけでもこんなにあります。

  • コンバージョン
  • コンバージョン単価
  • コンバージョン率
  • ビュースルー コンバージョン
  • コンバージョンに至ったクリック
  • 費用/コンバージョンに至ったクリック
  • コンバージョンに至ったクリック/クリック数
  • 合計コンバージョン値
  • コンバージョン値/費用
  • コンバージョン値/クリック
  • 値/コンバージョンに至ったクリック
  • 値/コンバージョン
  • コンバージョン数(最適化)
  • 合計コンバージョン値(最適化)
  • 費用/コンバージョン(最適化)
  • コンバージョン率(最適化)
  • コンバージョン値/費用(最適化)
  • コンバージョン値/クリック(最適化)
  • 値/コンバージョン(最適化)

これらの項目を全て見る必要はありません、まずは広告効果を把握しやすいように、指標を絞って媒体毎や広告毎、キーワード毎など順に効果を見てみましょう。

広告は表示回数やクリック数が多ければ良い広告というわけでもありません、集客するキーワードと広告文がマッチしていても、コンテンツがニーズに合っていなければユーザーは直帰します。
色々な数字を目の前にしても、広告効果測定は測定することが目的ではないことを忘れずに色々な項目を確認していくことが重要です。

広告ごとに効果を確認する

広告は集客して任意のCVを発生させることが目的なので、設定したキーワード毎にどれくらい広告が表示されているのか?どれくらいクリックされているのか?また、そのキーワードからどれくらいCVがあるのか?ということが広告効果を測定するために重要な項目となります。

  • インプレッション
  • クリック数
  • CV数

例えば、そもそもクリックされない・表示されない広告は修正や削除も考えられますが、クリックされてもCVが無い広告に関しては、無駄に広告費を払うことにもなりかねるため、改善したいところですが、広告効果は本当に無いのか?わかりにくく感じます。

しかし、広告効果測定ツール ADGoCoo(アドゴクウ)では、様々な種類の広告効果を測定したり、間接効果も測定できるため、クリックされてもCVがない広告に関しても、後にCVがあった場合、広告の効果を簡単に把握することができます。
クリックされてもCVがない広告の評価が確認・判断できるということです。

間接効果による広告効果の検証

キーワード毎の効果を比較してみる

さらに詳しく見る場合、キーワード毎に広告の効果を確認します。
ここでは、クリック単価や品質スコアの改善なども考えられます。

さらに、無駄クリックを防ぐためにも検索語句(検索クエリ)を確認して除外キーワードに追加したり、絞り込み部分一致を使って常に検索キーワードを確認して広告効果を確認します。
もし、この中からCVに繋がるキーワードが見つかれば、キーワードに追加しておきます。

広告はキャンペーンの中に複数のキーワードを設定することから、キーワードと広告の組み合わせによって効果も変わり、改善する内容も変わってきます。
少なくとも考えられる組み合わせがこちらです。

  • 表示回数が多い広告とクリックが多いキーワードの組み合わせ
  • 表示回数が多い広告とクリックが少ないキーワードの組み合わせ
  • 表示回数が少ない広告とクリックが多いキーワードの組み合わせ
  • 表示回数が少ない広告とクリックが少ないキーワードの組み合わせ

広告の表示回数が少ないということは検索ボリュームの問題や、キーワードと広告がマッチしていない場合(品質スコアが低い)や、入札単価が競合より下回っていること…などが考えられます。

そして、この結果にCVの数を考慮して、もし表示回数も多く、クリックも多いがCVが無いといった場合、キーワードと表示する広告の内容はマッチしているものの、指定したランディングページとユーザーのニーズが合っていない可能性も考えられます。その他にもページの最適化やサイト内導線の改善などが考えられます。

CPAを改善するためにはこちらの記事を参考にしてみてください。
リスティングに重要なCPAを改善するための広告ランクとは?

結果としては、

  • 広告ごとに効果を見る
  • キーワードごとに効果を見る
  • CV数も考慮して確認する

ということになります。
広告効果測定によって売り上げを上げる。そのためには何を改善するのか、効果の高い広告は何なのか、無駄になっている広告はないか?など測定・検証と改善を繰り返していきます。

広告効果測定についてまとめ

以上のことから、広告の効果測定はアクセス解析とはまた別の指標となるため、アナリティクスでは簡単に確認できない数字もあります。
特にユーザーが広告をクリックした回数(接触回数)や、その広告は何だったのかを知ることによって、CVへの勝ちパターンも見えてきますし、サイト内誘導の改善点のヒントにもなります。

もちろん、広告の効果測定を行った結果、ランディングページや導線の改善も必要となる場合もあります。
広告の改善だけではなく、サイト全体の売り上げの改善として広告の効果測定を行うようにしましょう。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)では、リスティングはもちろん、facebook広告などのリスティング以外のバナー広告も一元管理することによって、簡単に効果の比較・検証にもご活用いただけます。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)