ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

インターネットビジネスにはGoogle対策?Yahoo!対策?それともbing?

インターネットでビジネス、お客さんを集めるならアドワーズ?Yahoo!広告?それとも口コミ・・・?

どれも効果はありますが、最初に始めるべきは、やはり「SEO」です。SEO対策なら、予算を最小限にとどめつつ、あなたのビジネスに最も相性のいいお客さんを、ずっと継続的にサイトへ集め続けることができます。

でも、SEOって、そもそもどんなものかご存じですか?

検索エンジンから客を集めるのが「SEO」らしいけど、検索エンジンって「Google」?「Yahoo! JAPAN」?それとも「bing」?どれを対策すればいいの…?

そんなあなたに、SEOの最初の一歩をご紹介しちゃいます。なぜインターネットビジネスにSEOが必要か、どの検索エンジンを対策すればいいか、対策はどうやるか、まずは本記事でさらっと学びましょう。

インターネットビジネスとSEO

まず、インターネットビジネスとは何かというと、「ホームページを作って、そこにお客さんをたくさん集め、自分の商品やサービスを販売すること」です。

ビジネスに使うホームページは何でもよい

 

ここで大切なのが、言うまでもなくホームページの存在です。インターネットを使えば、日本中、あるいは世界中からでもお客さんを集めることが出来ますが、そもそもホームページがないと、お客さんを集めることができません。言ってみれば、ホームページはあなたの「お店」のようなものです。

ただ、ホームページはどんな形でもかまいません。自分で立派なホームページを作れるならそれでもよいですが、WordPressという無料ツールを使ってブログを作り、そこに人を集めてもよいでしょう。もちろん楽天やAmazonといった「インターネットモール」を使ってもかまいません。

ホームページに「集客」するには

ホームページは何でもよいのですが、ホームページを作っただけではお客さんは来ません。なので、「集客」のための努力が必要になります。

集客の方法にはいくつかあります。例えば次のようなものです。

  • ネット広告
  • アドワーズなど(「リスティング広告」などと呼ばれます
  • SEO

このうち、ネット広告は、広告なので当然お金がかかります。ネット広告なら、ピンキリではありますが、毎月の費用で安価なら数万円、中程度なら十万単位、上等なものなら百万円以上の青天井となります。

あるいはアドワーズなど(リスティング広告)だと、お客さんを1回ホームページに呼ぶごとに費用が発生するので、ある意味でお金を節約することができます。しかしこちらも、広告だけでお客さんの呼びこみをまかなおうとすると、莫大な費用がかかります。例えば月に50件の売上を上げるために、数十万円の費用がかかり、とても採算が合わないこともあります。

一方、SEOだと、まず費用を大幅に削減できます。なぜなら、ホームページの内容を検索エンジンに合わせて調整するのは、基本的に自分でできるため、お金がかかりません。また基本的なSEO対策は、月額せいぜい数千円で必要なツールがそろいます。つまり、広告とくらべて、始めるための費用感が桁違いに低く、ほとんど負担がかからないのです。

SEOなら、来月も来年も継続して集客できる

また、SEOの大きなお大きなメリットがもうひとつあります。それは、一度始めたら、その後もずっと続けて集客できる、という点です。

広告なら、お金を出して広告を掲載している間しか集客できません。しかしSEOなら、一度対策を始めてしまえば、基本的にその後もずっと集客効果が続きます。もちろん、途中でSEO内容を見なおしたり、さらに対策を強化したりする必要はあります。しかし、その時にかかる費用は、前述のとおり「ゼロ」です。

つまり、インターネットビジネスをするあなたのホームページに継続して集客できる、という点で、SEOの価値は計り知れないほど高いものになるのです。

SEO対策はなんのため?何をするの?

インターネットビジネスを行う際、SEOがどれほど効果的なものかは、ここまででなんとなくわかったのではないでしょうか。それでは次に、SEOが具体的にどんなものなのか、実際に何をするのか、を説明します。

SEOの目的は、検索結果の上の方にホームページを表示させること

SEOとは、英語で「Search Engine Optimization」の略で、日本語に直すと「検索エンジン最適化」となります。

これは、かんたんに言うと、検索エンジンで検索したときに、結果ページの最初の方にあなたのホームページを表示させる方法、と言えます。最初の方に表示出来たほうが、お客さんがより多く集まるからです。

検索上位に表示させる必要性

例えば、あなたがテレビを買いたいとします。なので、あなたのブラウザで「テレビ 通販 安い」と入れて検索してみましょう。そして出てきた結果画面で、あなたはおそらく、結果リストの最初の方(=検索結果上位)から順番に、どのサイトを見てみようかと品定めしていくはずです。

こうした「検索のしかた」は、どんな人でも、どんな場面でも、何が買いたい人でも、基本的にはあまり変わりません。なので、検索エンジンからお客さんを集めたかったら、検索エンジンの結果画面で、できるだけ上位にあなたのホームページを表示させないと、ただホームページあるだけではほとんど意味がないのです。

SEOとは「Google対策」にほかならない

では、どの検索エンジンで上位表示させればよいのでしょうか?その答えは、Googleです。Googleで上位表示できるように努力すれば、日本で検索エンジンを使うユーザーの9割以上にアプローチできることになります。

なぜなら、日本では、ほとんどの人がGoogleを使って検索しているからです。参考資料として、こちら→の検索エンジンシェアを説明した記事が役に立ちます。

この記事によれば、日本人は6~7割がGoogleを使って検索します。しかも実は、残りの3割程度のユーザーが使う、日本で2番めにユーザーが多い検索エンジン = Yahoo! JAPANも、中身はGoogleのシステムを使っているのです。したがって、Googleで1位になっているホームページは、Yahoo!JAPANで1位に表示されることになります。Googleユーザーが6割、Yahoo!ユーザーが3割としても、合計で9割以上のユーザーが、Googleのシステムを使って検索していることになります。

SEO=Google対策で、9割の検索ユーザーをカバーできる

このように、ほとんど全ての検索ユーザーがGoogleを使っていることから、インターネットビジネスをするときには、Googleで上位表示できるように対策をする必要があります。そうすると、日本の検索ユーザーの9割以上に対して、上位であなたのホームページを見せることができるようになるのです。

Google用のSEOの方法

では、具体的にどうやればGoogle検索用のSEO対策ができるのでしょうか?

楽天やAmazonではなく、自分のホームページを持つ

まず、そのためには、自分のホームページを持つ必要があります。といっても、SEOをするなら、楽天やAmazonは向いていません。これらは、ホームページの内容を自分の好きなように編集できないので、SEOに必要な作業ができないのです。(※SEOをせず、出店費用や広告費を払ってインターネットビジネスするなら、楽天やAmazonも当然きわめて有効です)

SEOに適しているのは、やはり普通のホームページ、または、先に述べた、WordPressなどで作成するブログでしょう。

なお、楽天がSEOに向いていないのと同じ理由で、FacebookやTwitterといったソーシャル・ネットワークだけでビジネスサイトを構えたことにするのも、SEOには適していません。とはいえ、普通のホームページやブログを持っているなら、そちらに人を集めるために、FacebookやTwitterを利用するのはとてもよい方法です。あくまで二次的なものとして利用しましょう。

SEOの基本は「ページを作って」「リンクを貼ってもらう」だけ

SEOの方法は、実はそんなに難しくありません。上位表示させたいキーワードでホームページの内容を書き、そのサイトにリンクを貼ってもらうだけで、順位は上昇します。

例えば「テレビ 通販 安い」というキーワードを軸にした内容のWebページを作るのです。そして、それにまつわる内容の様々なWebページも含んだサイトを作るのです。これで、まずホームページ側は準備完了です。

次に、そこにリンクを貼ってもらうのです。とても魅力的なホームページを作って自然にリンクが付くのを待つのでもかまいませんが、SEO対策サービスを利用するのもよいでしょう。上記の検索エンジンシェアの記事の運営元なら、数千円でリンク対策つきのSEOサービスをすぐ開始できます。

実はSEO対策をやっているビジネスサイトは多くない

なんと、これだけで、あなたのホームページの検索エンジン順位は、ほとんどの場合上がります。SEOする前はいくら下の方の検索ページまで探しても表示されなかったサイトが、この基本的なSEO対策をするだけで、一気に上の方で姿を見せることができるようになります。

もちろん、競争の激しいキーワードだと、すぐに検索結果1位を獲得するのは難しいでしょう。しかしそうしたワードだと、検索結果2ページ目や3ページ目でも、SEOする以前よりもずっと多い検索ユーザーが、あなたのサイトにやって来るようになるはずです。

しかし、なぜ「これだけ」で順位が上がるのでしょうか?それは、SEO対策を基礎からできているビジネスサイトというのが、意外と多くないからです。とくにインターネットビジネスを始めたばかりだと、他のホームページは全員SEOの達人のような印象を受けてしまいますが、実はSEOができていないサイトは山程あります。基礎SEOだけで、そうしたサイトを抜き去って、あなたのサイトを上位表示させることもできるのです。

SEOは「意外と難しくない」!

ここまで、インターネットビジネスになぜSEOが必要なのか、またSEOをしたらどんないいことがあるか、SEOの具体的な実行方法、をかんたんに説明しました。ここまで読んでくれた方であれば、なんとなく概要がわかったのではないでしょうか?

まずは上記に紹介した方法をあなたのホームページで試してみてください。次第に検索エンジン(Google)からのお客さんが増えていくはずです。そのときは「SEOって、意外と難しくないんだな」と感じていることでしょう。

また、SEOをしていくうちに、もっと上位へ、もっとSEO強化したい、と思うことがあるかもしれません。その時でも、かんたんにできることはたくさんあり、それを教えてくれる情報源のサイトもたくさんあります。なのでそういう時は、さらにSEOについて検索して調べてみるのもよいでしょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)