ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

Webサイトの売上の計算式から売上を上げる施策を考える

Webサイトの売上の計算式から売上を上げる施策を考える
サイトの売上を上げる場合、何らかの指標を持って施策を考える必要があります。
例えば、売上を上げるために商品を増やしたり、目標値が無いまま広告を出すなど、なんとなくサイトを改善したつもり…では売上の改善には繋がりません。

まず、Webサイトの売上は、こちらの3点から成り立っています。

  • 訪問数
  • コンバージョン率
  • 商品単価

そして売上を上げるためには、このどれかの数字を上げる必要があります。
このように分けて考えると、サイトの売上を上げるためには何をするべきなのか、それに対する施策はどのようなものがあるのか、考えやすくなります。

それでは、Webサイトの売上を分かりやすく把握し、改善に役立てる考え方をご説明します。

どの数字を改善するのか?

こちらが、サイトの売上の計算式です。

例)10,000円(売上)=1,000(訪問数)×1.0%(コンバージョン率)×1,000円(単価)

計算上、単純にWebサイトの売上を2倍にしたい場合、こちらの計算式を元に、訪問数・コンバージョン率・単価のどれかを2倍にすることによって達成することができます。

では、それぞれの数字を改善した例をご紹介します。

訪問数を上げる

20,000円(売上)=2,000(訪問数)×1.0%(cvr)×1,000円(単価)

単純に訪問数を2倍にすると、売上も倍になります。しかし、本来の目的以外のユーザーも集客する可能性も考えられるため、CVRが下がることも予想されます。

そして、訪問数を上げる場合は、セッション数で計測するようにしましょう。なぜなら、PV数だとサイト全体の回遊率の増減など色々な要素が関係してくるため、正しく計測できない可能性があるからです。

また、広告を出稿する場合などは顧客獲得単価(CPA)や、利益・利益率なども考慮しましょう。

訪問数を上げる施策例…

  • 広告を出す
  • SEOを見直す
  • SNSを活用する

コンバージョン率(CVR)を上げる

20,000円(売上)=1,000(訪問数)×2.0%(cvr)×1,000円(単価)

コンバージョン率を上げるには、色々な施策が考えられますが、A/Bテストやユーザーヒートなどで、ユーザーがどのような動きをしているのか調べてみると参考になります。

コンバージョン率を上げる施策例…

  • ランディングページを最適化する
  • 購買意欲の高いユーザーを集客するためにテーマを絞ったブログを開設する
  • 購入ページから離脱させないために、余計なリンクを除外する

単価を上げる

20,000円(売上)=1,000(訪問数)×1.0%(cvr)×2,000円(単価)

単純に、ただ単価を上げることは難しいですが、安く売るのではなく、高く売るためのマーケティング事例も多くあるように、現在の商品から差別化を図った商品を用意するなど、考えられる対策はあります。
付加価値やベネフィットを提供することによる、単価の上げ方を考えましょう。

単価を上げる施策例…

  • 上位商品を用意する
  • オプションなどを用意してクロスセルを促す

このように、売上を2倍にした時の合計額は同じでも、その計算式に入る数字はサイトや施策などによって変わってきます。
どこに重点を置くのか?しっかりと認識して対策しましょう。

サイトの売上を上げる指標まとめ

今回は、サイトの売上についての考え方を説明しました。これを元に売上が下がった場合にも、何が下がったのか?見つけて対策することも可能です。
色々な数字に惑わされず、サイトの売上を上げるための参考にしてください。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)