ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

4Pから4Cへ!ユーザー視点のマーケティングミックス

4Pから4Cへ!ユーザー視点のマーケティングミックス
マーケティングを考える時に、4Cという考え方があります。
これは昔、企業視点の4Pという考え方をベースに、30年以上経ってから、4Cという顧客視点の考え方へとシフトしたマーケティングの考え方です。
それぞれ、4つの要素があり、このマーケティング要素の組み合わせをマーケティングミックスと呼びます。
4Pから4Cへの変化
それでは今回は、4Pと4Cの内容と変化について説明していきたいと思います。

企業視点の4P

4Pとは、製品(Product)・価格(Price)・流通(Place)・販促(Promotion)の頭文字を取って省略したマーケティングの要素です。
売る側からの視点で、基本は、誰に何をいくらでどのように売るのか?という考え方です。
昔は、「良い物を作れば売れる」という考え方だったのかもしれません。

製品(Product)

何を売るのか?という企業側からの視点で、製品戦略とも言えます。
品質やデザイン、性能や機能などが考えられます。

価格(Price)

いくらで売るのか?商品コストをベースに価格設定する考え方です。
割引や支払い方法の多様化などが考えられます。

流通(Place)

どこで売るのか?商品の在庫や場所など、流通経路なども含まれます。

販促(Promotion)

商品を顧客へどのような手段で知ってもらうか?
ちらしやテレビなどの広告から、サイト、DMの発送などが考えられます。

顧客視点の4Cへ

4Pの企業視点の考え方に対して、4Cは顧客視点の考え方で、4Pの各項目を改めて定義したものです。
このフレームワークを元に、商品を売る施策を考えます。

製品(Product)から顧客価値(Customer Value)へ

企業が何を売るのか?という製品戦略の考え方から、ユーザーがその商品を手にした時の、メリット・悩みを解決する、などのベネフィットを優先させた考え方。
売る側は商品を、買う側はベネフィットを売買することになるため、ここには信用が不可欠となります。

価格(Price)から顧客にとっての経費(Cost)へ

企業が価格を設定する、という価格戦略から、顧客がその商品を購入するまでいくらかかるのか?移動時間はどれくらいか?または、どれくらいのコストだと妥当か?という考え方です。

流通(Place)から顧客利便性(Convenience)へ

どのような経路で顧客に商品を流通させるのか?という考え方から、顧客の利便性を優先させた考え方で、顧客が入手しやすい方法を戦略化します。

販促(Promotion)から顧客とのコミュニケーション(Communication)へ

販促(Promotion)のような企業側からの一方的なコミュニケーションに加え、アフターサービスなどの顧客からのコミュニケーションも対応するという考え方。

最後に

このように、商品をマーケティングする際には、この4つの要素から考えると戦略化しやすくなります。
特に、ユーザー視点でメリットを優先させたマーケティングを構築することが重要となってきます。

高級な商品がコンビニに陳列されていては商品価値も下がってしまうように、4Cは整合性を図らなければなりません。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)