ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

Optimizelyで簡単A/Bテスト!サイトの改善におすすめ

20150603
Optimizelyというツールをご存知ですか?
こちらは、ウェブマーケティングに欠かせない、キャッチコピーやバナーなどのクリック率をはじめとした様々なA/Bテストが簡単に実施できる便利なツールで、世界中数多くの企業が導入されているそうです。

Optimizelyは、導入・操作も簡単で、1行のスクリプトをテストしたいページに追加するだけです。
共通したパーツに追加しておけば、いつでも全てのページがテストできるので便利です。

ユーザー登録だけで利用可能

さらに、現在のプランだと、機能制限付きの無料プラン(月間50,000までの訪問者数)もあるので、気軽に導入できますね。無料プランは、ユーザー登録だけで、クレジットカード番号の入力は不要なので安心です。
※Optimizelyは以前、料金表をサイト上に公開していたんですが、現在は公開されていません。

それでは、Optimizelyの具体的な使用方法を説明していきます。

まずは、「新しい実験」というボタンをクリックして下記を入力します。

  • 実験名
  • 実験URL

すると、A/Bテストの編集画面に移り、先ほど入力したページがプレビューされます。
実際のページでそのまま操作できるので、簡単です。
Optimizely編集画面

テキスト・画像・cssなどの比較や、複数のページも同時にテストできます。
html・cssは管理画面から入力することができ、テキストもその場で編集可能です。(画像は別途用意する必要があります)
必要であれば、バリエーションの追加をクリックして実験ページを増やします。

目標を設定して比較

A/Bテストの対象が決まったら、次に目標を設定します。何をもって比較の優劣を付けるか、ということです。
クリックを目標とすることが多いと思いますが、Optimizelyでは、クリック/ページビュー/カスタムから追跡対象を選ぶことができ、詳細を入力して、目標を設定することができます。
Optimizely 目標の設定

実験結果ページ

Optimizelyがテストする対象は、ランダムで表示しているのではなく、トラフィックを振り分けてクリック率などを解析してグラフ化してくれます。

このページでは、それぞれのバリエーションに訪問数がどれだけあって、コンバージョン(設定した目標)がいくつあったか、そしてその割合などが、グラフを交えて比較することができます。
この実験結果を元にサイトの改善を行っていきます。

実験の期間は任意で、中断した後も実験結果はアーカイブとして残しておけます。
そして、後にその実験を再開することもできます。

Optimizelyについてまとめ

コンバージョン率や、クリックしてもらいたいバナーなどサイトを管理していると色々な改善点が見えてきます。
このツールを使わずに、1週間毎バナーを差し替えて計測しても良いですが、管理画面だけで簡単にA/BテストできるOptimizelyは時間短縮にも繋がりますし、何より実験の比較画面が見やすく、便利です。

A/Bテストをご検討の方は、Optimizelyを導入してみてはいかがでしょうか?

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)