ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

ページの最適化に!crazyeggでcvrなどを改善する方法

20150528_2
ウェブマーケティングに興味がある方でしたら、ヒートマップという言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。
ユーザーのスクロールやクリックなどの動きがサーモグラフィのように可視化され、Google Analyticsだけでは見えない部分が確認できるこの便利なツールは、様々な会社から提供されていて、中には無料で使えるものもあり、使い勝手なども様々です。

今回はその中から、多機能で比較的安価な「crazyegg」という海外のヒートマップの使い方や活用方法をまとめたいと思います。
導入も、計測したいページに1行のタグを追加するだけで使えるので簡単です!

まず、プランは4タイプあり、どのプランでも最初の30日間は無料で使うことができます。
機能は制限されますが、月額9$から利用可能です。
crazyegg 料金表

crazyeggの機能

crazyeggには、日付でフィルターする機能もあるので(キャプチャを当時のものに変更することはできませんが)、バナーの変更前・後の効果測定も確認することができます。

そして、背景となるキャプチャに関しては、ページを変更した場合、管理画面から「Refresh snapshot image」というテキストリンクをクリックして、更新する必要があります。

では、crazyeggで見ることのできる5つの機能について説明していきます。

ヒートマップ(HEATMAP)

ページのどこが見られているのか?が、確認でき、バナーやボタンなどを効果測定することができます。
crazyeggの機能:ヒートマップ

スクロールマップ(SCROLLMAP)

ユーザーがどこまでスクロールしているのか確認できます。
見て欲しいコンテンツまでスクロールしていないようでしたら、コンテンツの移動や、下まで見られるようなキャッチコピーの変更など色々な改善点が見つかるはずです。
crazyeggの機能:スクロールマップ

コンフェッティ(CONFETTI)

新規とリピーター、参照元別やブラウザ別など様々な条件でユーザーのクリックを色分けして確認することができます。
もしかしたら、条件によってクリックされる傾向などが見つけられるかもしれません。
crazyeggの機能:コンフェッティ

オーバーレイ(OVERLAY)

どこが何回クリックされたか、具体的な数字を確認することができます。
さらに、新規・リピーター、参照元など色々な条件でも見ることができます。
crazyeggの機能:オーバーレイ

リスト(LIST)

クリックの多い順で、各リンクが一覧表示されます。
crazyeggの機能:リスト

crazyeggおすすめの使い方

このように、5つの見方ができるcrazyeggですが、全て見る必要はないでしょう。
おすすめなのは、

  • まずヒートマップで傾向を見る
  • スクロールマップでどこまで見られているか確認する
  • オーバーレイで具体的にクリック数を把握する


といった、使い方です。
これを日付でフィルターして比べてみても良いでしょう。

後は必要に応じて、コンフェッティやリストを確認します。

まとめ

サイトを作り、SEO対策がある程度済んだら、次にクリック率やページビューなど色々と改善するべき箇所が出てきます。しかし、ウェブサイトをただ見ていても何が問題かわかりません。

Google Analyticsで数字を確認している方も多いかと思いますが、それでも見えない“改善するべき部分”が、ヒートマップを使うことによってわかるようになり、CVRの改善などに役立ちます。

重要なランディングページや、フォームなどの最適化をお考えの方は、ヒートマップを導入してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)