ADGoCoo
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)

流入した検索ワードを調べていますか?上位表示コンテンツで効率の良い集客を狙おう!

流入した検索ワードを調べていますか?上位表示コンテンツで効率の良い集客を狙おう!
集客のために自社でブログなどのオウンドメディアを運営されている方も多いと思いますが、ひとつひとつの記事のトラフィックは確認されていますか?
この場合、トラフィックの数も大事ですが、どんなキーワードで流入したのかを調べてみることも重要です。検索で上位表示されなければ集客も見込めないため、定期的に調べてみましょう。

ということで、今回はコンテンツの検索ワードと掲載順位を調べる方法をご説明したいと思います。ぜひ、リライトでの上位表示の参考にしてみて下さい。

アナリティクスを使った検索ワードの調べ方

まず、アナリティクスで検索ワードを調べてみたいと思います。
下記ページを開きます。

  • 行動>サイトコンテンツ>ランディングページ

ここで調べたいページのファイル名などをコピーしてアドバンスフィルタで絞り込みます。

次に、セカンダリディメンションからキーワードを選択して、ページへ流入した検索ワードを表示させます。しかし、ここではほとんどが(not provided)か、(not set)となってしまっていて、検索ワードがわからない状態となっています。

not providedについてはこちらを参考にしてください。
Googleアナリティクスから読み取るユーザー経路

アナリティクスで検索ワードを見た場合

不明な検索ワードはSearch Consoleで

では、この不明な検索ワードをSearch Consoleで調べてみたいと思います。
まず、調べたいサイトをクリックして、検索トラフィック>検索アナリティクスを開きます。

次に「ページをフィルタ」をクリックして、先ほどコピーしたファイル名でフィルタします。
ここで、掲載順位にチェックを入れておきましょう。

サーチコンソールでも検索ワードを調べることができる

これで、このページへの検索キーワードが確認できました。
どれくらいの検索順位でどれくらいのクリック数なのかが確認できますね。

テーマを決めて書いた記事が、意図した検索ワードで上位表示されているのかどうかを定期的に調べてみましょう。

ページへの流入検索ワードの調べ方まとめ

以上、検索ワードの調べ方をご紹介しましたが、これは、ターゲットキーワードを設定しないまま記事をいくら書いてもトラフィックは増えることはない、とも言うことができます。
時間との兼ね合いもありますが、できるだけターゲットキーワードを決めて、そのキーワードで上位表示されている競合記事なども調べて、それ以上のコンテンツを作ることが重要です。

どんなキーワードで順位は何位なのか、どれくらいのトラフィックが集まっているのかなど、日々確認してリライトなどで検索に上位表示されるよう改善を繰り返しましょう。

この記事が役に立つと思ったら、SNSで共有してください。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)
広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)