ADGoCoo

リスティングで「売れるバナー」の条件は?/オンライン広告効果測定の最前線

Yahoo!リスティングやAdWords、YDN、GDN、MicroAd…。開設したばかりのビジネスサイトから大手サイトまで、Web広告をいくつか出して集客のベースにするのが、今では常識になりました。しかし、よくあるのがこんな悩みです。

1.媒体や広告がいろいろで、効果分析が手間

2.バナーのCV数はわかっても、それ以外の広告効果がよくわからない

本記事では、こんな悩みを解消し、無駄な広告費を減らす費用を売れる広告だけに使うための「広告効果測定ツール」の最前線をご紹介します。

20150805ec

この記事の続きを読む…

Webサイトの売上の計算式から売上を上げる施策を考える

Webサイトの売上の計算式から売上を上げる施策を考える
サイトの売上を上げる場合、何らかの指標を持って施策を考える必要があります。
例えば、売上を上げるために商品を増やしたり、目標値が無いまま広告を出すなど、なんとなくサイトを改善したつもり…では売上の改善には繋がりません。

まず、Webサイトの売上は、こちらの3点から成り立っています。

  • 訪問数
  • コンバージョン率
  • 商品単価

そして売上を上げるためには、このどれかの数字を上げる必要があります。
このように分けて考えると、サイトの売上を上げるためには何をするべきなのか、それに対する施策はどのようなものがあるのか、考えやすくなります。

それでは、Webサイトの売上を分かりやすく把握し、改善に役立てる考え方をご説明します。
この記事の続きを読む…

Webサイトの改善と広告効果測定について

Webサイトの改善と広告効果測定について
Webサイトの改善といっても、その目的・内容によって修正点は、さまざまです。
その中でも、広告の効果測定を元にサイトを改善することは、集客や購入・申込などに直結するため、非常に重要です。
今回は、広告(バナー)の効果測定をサイト改善に役立てる考え方について説明したいと思います。
この記事の続きを読む…

Googleアナリティクスから読み取るユーザー経路

Googleアナリティクスから読み取るユーザー経路
アナリティクスを確認する時、サイトのトラフィックを計るだけで終わらせていませんか?
サイトに訪れるユーザーはどこから来たのか?何というキーワードで流入したのか?
そして、そのユーザーがどのようなページにどれくらい滞在して、どのページから離脱したのか?

そのようなユーザーの行動の内訳と推移を計測して、

  • サイトの集客を強化するべきか?
  • サイト内の最適化や導線の再考を優先するべきか?
  • リピーターへメルマガなどで再訪問を促すのか?

など、SEO対策から1歩進んだWebマーケティングを考えることも重要です。

今回は、アナリティクスでサイトを検証する際によく見かける、「not provided」について説明したいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

Googleトレンドがリニューアル!リアルタイムで人気の話題をランキング表示

検索ワードに対する検索ボリュームの傾向を調べるための、Googleトレンドが17日、リニューアルされました。
それに加え、リアルタイムの人気検索キーワードを見ることができ、200程度までランキング表示され、関連記事やニュース記事数・検索インタレストと呼ばれるユーザーの関心度(検索ボリューム)などがわかるようになりました。
Google Trends
新しくなったGoogleトレンド

過去24時間の検索ボリュームを見る

トップでは、人気の話題がランキングされ、話題をクリックすると、その話題に対する記事や検索キーワードはもちろん、検索されている地域ランキングも見ることができます。
これを元に、これからの検索ボリュームの傾向を読み取ることができます。
Googleトレンドで人気度の動向を確認

さらに、「急上昇ワード検索」も併せて確認すると、検索されているキーワードをいち早く調べることができます。
また、関連のあるYouTubeや、Google Newsも一緒に表示されることから、時事ネタやトレンドサイトを運営する方には、情報収集に役立つのではないでしょうか。

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)