ADGoCoo

リスティング広告を出稿する場合の最適化について

リスティング広告を出稿する場合の最適化方法について
前回、サイトのターゲティングを検証するには広告の最適化が重要、という内容の記事を書きましたが、今回は、より具体的に出稿中のリスティング広告を最適化する方法をお伝えしたいと思います。
コストを落として売上を上げたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リスティングの出稿から管理について

まず、リスティング広告を出稿するには…

  • 管理画面に必要な項目を入力
  • キーワードを選択

候補として出てくる数多くのキーワードの中からサイトに合ったものを複数選びます。
これだけで、リスティング広告を出すことができます。

リスティングを管理する

そして、出稿して計測がはじまると、管理画面から多くの項目が確認できると思いますが、日々、管理していて特に気なるのが、「表示回数」「クリック数」「費用」辺りではないでしょうか?
アドワーズなどのリスティング広告は、集客することが目的かもしれませんが、Webマーケティング全体を考えてみると、それはまだ中間目標です。

あくまで最終的な「コンバージョン」が重要なので、出稿した広告がCVにどれくらい貢献しているのか、または正しくキーワードにマッチしたページが表示されているか、などということも調べるようにしましょう。
ということで、Googleアドワーズで出稿したら一緒に、CVを計測できるようにしておいてください。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

CVに直結するセグメントへ訴求するために行う広告効果測定

CVに直結するセグメントへ訴求するために行う広告効果測定
Webマーケティングにおいて、どういったセグメントをターゲットとして集客するのかは、非常に重要です。なぜなら、セグメントよっては購買意欲の高いユーザーが見込めるためです。
そして、リスティング広告の場合、出稿するキーワード(ユーザーにとっては、訪問のきっかけとなる検索キーワード)によってセグメントが異なります。

ということは、キーワードを選び、日々その効果を追うことによって、広告の最適化はもちろん、CVRの改善にも繋がることになります。
それでは、今回は集客したユーザーの中からCVが期待出来るユーザー像をペルソナで仮説立てて考えてみましょう。

この記事の続きを読む…

CPAを理解して広告の効果測定を行い、費用対効果を確認しよう

CPAを理解して広告の効果測定を行い、費用対効果を確認しよう
広告を出稿する時などによく聞くCPA(Cost Per Action)とは、1件のCVを獲得するためにかかったコストのことで、顧客獲得単価とも呼ばれます。
CPAを出す計算式は以下となります。

CPA=総コスト÷CV数

例えば広告費10万円をかけて、100件のCVを獲得した場合、CPAは1,000円となります。
リスティングなど広告を出稿する場合、このCPAに対して目標を設定することが管理する上での指標となり、非常に重要です。

CPAを知るメリットは、広告に対する費用対効果を確認することができ、CPAと扱う商品単価のバランスを考慮して広告やサイトの改善に役立つ点です。
そして、このCPAが低いほど、効果が高い広告ということになります。

では、実際にCPAの目標を設定する場合の算出方法をご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

Webマーケティングにおける集客方法3つの考え方について

Webマーケティングにおける集客方法3つの考え方について
以前、Webマーケティングの基本についてご説明しましたが、今回はその中の一つ、集客(プレアクセス)に関してもう少し詳しくご説明したいと思います。

集客はWebマーケティングにおいて最も重要と言えます。他にもコンテンツの内容から、内部の誘導など重要な要素は多々ありますが、まずはサイトへの集客について考えてみましょう。

Webマーケティング 3種類の集客方法

Webマーケティングで集客する場合、施策は色々と考えられますが、カテゴリとしてみると大きく分けて3つに分類されます。

  • リスティング・バナーなどの広告
  • SEO
  • SNS(シェア含む)

集客方法を無闇に考えるより、これだけでも集客方法が考えやすくなるのではないでしょうか。
この3種類の集客方法の中でサイトに合ったものを選んで施策を考えてみましょう。

この記事の続きを読む…

リスティングで「売れるバナー」の条件は?/オンライン広告効果測定の最前線

Yahoo!リスティングやAdWords、YDN、GDN、MicroAd…。開設したばかりのビジネスサイトから大手サイトまで、Web広告をいくつか出して集客のベースにするのが、今では常識になりました。しかし、よくあるのがこんな悩みです。

1.媒体や広告がいろいろで、効果分析が手間

2.バナーのCV数はわかっても、それ以外の広告効果がよくわからない

本記事では、こんな悩みを解消し、無駄な広告費を減らす費用を売れる広告だけに使うための「広告効果測定ツール」の最前線をご紹介します。

20150805ec

この記事の続きを読む…

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)