ADGoCoo

広告効果測定とは?管理画面の重要指標と改善方法について

広告効果測定とは?管理画面の重要指標と改善方法について
広告(リスティング)を出稿して集客していく上で重要な点はというと、アドワーズやスポンサードサーチなどの広告効果を測定し、数ある広告の中でコンバージョンに貢献しているのはどれなのか?そしてその計測結果を元に予算配分や広告文を改善することによって、広告費を抑えながら売上を上げていくということです。

そもそも広告の効果測定は、コンバージョンに効果があるかどうかを測定することが目的なので、CV数だけを見て広告効果を判断することもひとつです。しかし、間接効果という直接ではなくCVにアシストした広告も効果が無いとは言い切れません。

今回は、この広告効果測定をどのようにして行っていけば良いのか、コツと改善方法をご紹介したいと思います。ぜひ、広告効果測定の参考にしてみてください。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

Webマーケティングで顧客状態を考えた集客方法について

Webマーケティングで顧客状態を考えた集客方法について
サイトを管理していく上でアクセス数の推移は日々気になる所かと思います。
ある程度アクセスがなければ売上も期待できないことから「集客」は、Webマーケティングでも非常に重要な施策のひとつと言えます。

そして、その「集客」は、さらに以下の3つの施策に分類されます。

  • SEO対策
  • 広告(リスティング、バナーなど)
  • SNS集客

この中のどの施策においても、ターゲットをしっかりと考えて集客することが重要です。
今回は色々なセグメントの中から、顧客が商品に対してどういった状態なのか、そしてそれに合った集客方法について考えていきたいと思います。

この記事の続きを読む…

広告効果測定を行う際のアトリビューションの活用について

広告効果測定を行う際のアトリビューションの活用について
広告の効果測定をするにあたり、直接コンバージョンがあった広告も重要ですが、今回説明する、コンバージョンに間接的に効果があった広告も重要とされています。

広告をクリックしてCVするには、それまでに色々な間接的効果が関与します。この、CVにアシストした広告の分析をアトリビューション分析と呼びます。

それでは、今回はこの間接効果(アトリビューション)について説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

リスティングの効果を上げる!マッチタイプの絞り込み部分一致とは?

リスティングの効果を上げる!絞り込み部分一致とは?
リスティング広告を出稿する場合、サイトやページに関係する数多くのキーワードを設定して、幅広く露出して宣伝します。しかし、運用していて気付くのが、実際には関係の無い検索ワードで広告が表示されてしまい、クリックされているということです。

この関係の無い(コンバージョンに結びつきそうもない)キーワードは、日々確認して「除外キーワード」として、登録するべきです。
そうしなければ、様々なキーワードに広告が表示され、無駄なコストかかってしまいます。

キーワードに対しての管理は、この除外キーワードを利用しても良いですが、もっと有効なキーワードの設定でCPAを下げ無駄クリックも減らすことができます。
今回はその「絞り込み部分一致」をご紹介したいと思います。

この記事の続きを読む…

リスティングに重要なCPAを改善するための広告ランクとは?

リスティングに重要なCPAを改善するための広告ランクとは?
今回もリスティングに関する記事ですが、CPA(顧客獲得単価)を下げたい場合、何を指標として改善に取り組んでいますか?この最適化のポイントはCPAの計算式から読み取ることができます。

では、順に説明していきたいと思います。
※以下、Googleアドワーズを元に説明します。

リスティングに重要なCPAを把握しよう

まず、CPAの計算式です。
CPA = 総予算 / CV数

このように、総予算とCV数から顧客獲得単価を割り出します。この式だけを見ると、総予算を減らす、またはCVを増やすとCPAは下がることがわかります。
では、もう少し改善するためにわかりやすく、この計算式を詳しく見てみると…

CPA = 総予算(CPC×クリック数) / CV数(CVR×クリック数)

と、総予算とCV数を展開するとこのような式となり、さらにここからクリック数を省略すると…

CPA = CPC / CVR

このようにすることができます。

CPAを下げるための改善点2つ

この式を元に仮で数字を入れてみましょう。

この記事の続きを読む…

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)