ADGoCoo

初心者でも簡単!アナリティクスとアドワーズのリンク設定

初心者でも簡単!アナリティクスとアドワーズのリンク設定
アドワーズで広告を出稿している場合、アナリティクスと連携することで、アドワーズ経由からのユーザーがサイト内でどのような行動をとったのか?などがわかり、そこから改善に繋げることができます。

これは簡単な設定を一度しておくだけで計測できるようになるので、初心者の方でもぜひ、やっておきたいところです。

また、Yahoo!プロモーション広告を出稿されている場合は、Yahooと連携するのではなく、出稿する広告のURLにパラメーターを入れる必要があります。
こちらも一度覚えてしまえば簡単なので、ぜひ設定して改善に役立てましょう。

では、今回は広告をアナリティクスと連携させる方法についてご説明したいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

コンバージョンの正しい理解によるサイト改善

コンバージョンの正しい理解によるサイト改善
「コンバージョン」は、Webマーケティングに携わっている方なら、当たり前のように使っている用語のひとつです。そして多くの方が、コンバージョンの数を日々確認しているかと思いますが、その数字だけを気にして見ていませんか?

コンバージョンは訪問数などを掛け合わせることでサイト改善の指標となる色々な数字が見えてきます。
これを元に、正しくコンバージョンを理解して最終目的のコンバージョン改善に役立てることが重要です。

ということで、今回はコンバージョンについての正しい理解と、その数字からわかるサイトの費用対効果を考えてみたいと思います。

コンバージョンを増やすためのサイト分析方法とは?

この記事の続きを読む…

[2016/02/09]

流入した検索ワードを調べていますか?上位表示コンテンツで効率の良い集客を狙おう!

流入した検索ワードを調べていますか?上位表示コンテンツで効率の良い集客を狙おう!
集客のために自社でブログなどのオウンドメディアを運営されている方も多いと思いますが、ひとつひとつの記事のトラフィックは確認されていますか?
この場合、トラフィックの数も大事ですが、どんなキーワードで流入したのかを調べてみることも重要です。検索で上位表示されなければ集客も見込めないため、定期的に調べてみましょう。

ということで、今回はコンテンツの検索ワードと掲載順位を調べる方法をご説明したいと思います。ぜひ、リライトでの上位表示の参考にしてみて下さい。

この記事の続きを読む…

参照元URLの「どこのリンクから?」をアナリティクスで調べる

参照元サイトだけでなく「どのページのどのリンクから」来たか知りたい

manとくに、オウンドメディア(ブログ)や、提携サイトから集客しているときなど、どのサイトのどのページのどのリンクから何訪問来てコンバージョンがいくつあったか、測定したい時があります。

Googleアナリティクスでわかるの?

こんな時、あなたならどう調べますか?

この記事の続きを読む…

離脱ユーザーのリスト分けでコンバージョン率を向上させる!リマーケティング広告運用法

離脱ユーザーのリスト分けでコンバージョン率を向上させる!リマーケティング広告運用法
コンバージョンを上げるためには「今買う」ユーザーを獲得することが近道です。ということは購買意欲の高いユーザーを何度も何度もリピートさせることがコンバージョンアップのために重要な対策となります。

では、一度サイトに訪れたユーザーを全てリピートさせることでコンバージョンは上がるのか?と言うと、そうではありません。

例えば、以下の例だと再訪問によるコンバージョンの期待値が全く異なります。

  • 一瞬で直帰したユーザー
  • 詳細ページまで見たユーザー

ターゲティングリストの考え方

この場合、リストを別で蓄積して入札単価を調整して、コンバージョンに期待できるユーザーを優先して再訪問を促します。
これによって、効率の良い広告配信が可能となり、コンバージョンアップに期待できます。

今回は、このリマーケティングについて広告の設定方法や必要性をご説明したいと思います。

この記事の続きを読む…

広告効果測定ADGoCoo(アドゴクウ)